食品の安全性

健康のつもりが…意外と知らないNGな薬の飲み合わせ

family, happiness, generation and people concept - happy family sitting on couch at home

人間誰しも、生きていればケガや病気になることがあります。

 

歳を重ねれば生活習慣病・がんなど様々な病気のリスクも増加。

一生を通して医薬品を1回も飲まない人は恐らくいないでしょう。

 

しかし、食品や成分によって

その薬の効果を弱めてしまったり、強くし過ぎてしまうものがあります。

 

【魚類】

Ready to cook raw bream fish with herbs, lemon and olive oil on black ceramic plate over blue textured background. With copy space. Top view

EPAやDHAなど、血液をサラサラにするという多価不飽和脂肪酸がブーム。

 

ヘルシーで健康に良いと、お魚を意識して摂る方もいるでしょう。

もちろん様々な栄養素が詰まっており、健康に良いことは間違いありません。

 

しかし、魚に含まれるヒスチジンといアミノ酸は、腐敗の過程で

アレルギーや下痢・食中毒などの原因となるヒスタミンに変化。

 

結核の治療・予防に用いられる「イソニアジド」は

このヒスタミンを分解してくれる酵素を阻害してしまいます。

 

結果、ヒスタミンが体内に蓄積され、ヒスタミン中毒の原因となる可能性があるのです。

 

 

【牛乳など高カルシウム食品】

Two cute little sisters eating cereal with strawberries and drinking milk in white kitchen

子供の成長、女性の骨粗鬆症予防、筋肉のためなど

身体づくり、健康維持に必要な栄養素・カルシウム。

 

多くの方は、「カルシウム」=牛乳と思いつくでしょう。

 

ニキビ治療やマイコプラズマ肺炎などの治療に使用されるテトラサイクリン系抗生物質。

 

牛乳のようなカルシウム、マグネシウム等の金属イオン含む食品を一緒に摂ると、

両者が結びつき、体内への吸収が減ってしまいます。

 

その他にも、

・牛乳など高カルシウム貧血予防の鉄剤

・骨粗鬆症の予防・治療に使用されるビスフォスフォネート製剤

・前立腺がんなどに使用される抗がん剤のリン酸エストラムスチンナトリウム

などの医薬品は併用することで体内への吸収が阻害されてしまいます。

 

反対に、白癬治療薬や、皮膚内服薬などは脂肪と一緒に吸収されるため、

牛乳や脂肪分を多く含んだ食事と一緒に摂取すると薬の効果が強くなってしまうことも。

 

【サラミソーセージやチーズなどの熟成食品】

various types of sausages a macro background

チーズ・ビール・サラミソーセージなどの熟成が必要な食品では、

微生物の影響により、アミノ酸のチロシンからチラミンが作られます。

 

交感神経を刺激し、興奮作用を起こすチアミンですが、通常食品から摂った場合、

肝臓の酵素により不活性化されるため、体に影響はありません。

 

しかし、結核治療薬の「イソニアジド」にはこの肝臓の酵素を阻害する作用が。

 

結果、チラミンの分解が阻害され、体内に蓄積。

高血圧が誘発され、頭痛・頻脈・心悸亢進・悪心・嘔吐を引き起こすことも。

 

【高たんぱく質食】

chicken fillet

プロテインダイエットや、鶏ササミ肉などで高たんぱく質食を

行う方も増えてきています。

 

喘息治療に用いられる「テオフィリン」。

高たんぱく質食の摂取により、「テオフィリン」の分解も同時に亢進し、

薬の効果は減少します。

 

抗うつ薬や抗パーキンソン薬の「レボドパ」、「メチルドパ」は

たんぱく質が分解されてできたアミノ酸の影響で、有効成分の吸収を阻害。

 

反対に、低たんぱく質食では、痛風の原因となる高尿酸血症の治療薬の作用が増強。

副作用の皮疹やじんましんなどの過敏症となる可能性があるため、

低栄養状態での治療薬の服用は注意が必要です。

 

【グレープフルーツジュース】

The preparation for citrus juice for breakfast. Wooden citrus reamer with fruits.

グレープフルーツジュースは、ビタミンCやポリフェノールが豊富なため、

スムージーとしても人気が高く美容目的に飲む方も多いでしょう。

 

しかし、含まれる成分が高血圧治療薬の作用を増強。

副作用の頻脈や頭痛、紅潮、浮腫を引き起こす可能性があるため、

飲み合わせには注意が必要です。

 

【健康食品】

Fish liver oil capsules in bottle with stethoscope isolate on white background.

近年健康食ブームがピークを迎え、

様々な天然素材成分を配合したサプリメントや打錠が販売されています。

 

健康・美容意識の高い方では服用している方もいるでしょう。

 

しかし、健康素材に含まれているものは特定されていないものも多く、

いくつかは医薬品との相互作用についていくつか報告がされています。

 

  • セントジョーンズワート

うつ病やイライラを静めるとされるハーブ類。

長い間摂取することにより、喘息治療薬や血栓症予防の薬、

経口避妊薬など様々な医薬品の効果を弱めてしまうことが報告されています。

 

  • イチョウ葉エキス

喘息・気管支炎の治療の他、認知機能の改善にも使用されるエキス。

抗糖尿病薬や胃潰瘍などの潰瘍薬については、薬の効果を減少させ、

脳梗塞などに使用される抗凝固薬については、薬の効果を増強させる可能性があります。

 

【ビタミン類】

Citrus fruits. Oranges, limes, grapefruits, tangerines and lemons. Over white wood table background with copy space. Top view

食事バランスに自信がなく、

サプリメントでビタミンを摂ることが主流となりつつあります。

 

メジャーなのは、ビタミンC、マルチビタミンなどといったところでしょうか?

 

  • ビタミンB 6

「レボドパ」などパーキンソン病やうつ病の治療に使用される薬は、

ビタミンB6によってその効果が弱くなります。

 

そのため、「レボドパ」を服用している方は、ビタミンB6の多い

酵母・オートミルなどの食品を避ける必要が。

 

  • ビタミンK

納豆やほうれん草・ブロッコリーなどの緑黄色野菜。

いかにも健康に良さそうな食品ですが、これらに豊富に含まれるビタミンKは

脳梗塞など血栓がつまることによりおきる病気に使用する薬の効果を弱めます。

 

 

【健康的な食品を摂ればいつでも良い効果をもたらすわけではない】

family, pet, season, technology and people concept - happy family with labrador retriever dog taking selfie by smartphone in autumnl park

いかがでしたでしょうか。

普段健康のために食べていたものは、病気の時には薬の効果に影響を与えてしまう可能性があります。

 

医師・薬剤師にしっかり確認し、正しく服用しましょう。

 

 

 

【参考文献】

1.高齢者における薬物の体内動態・薬効の変化と飲食物・栄養素との相互作用 山田静雄 伊藤由彦 尾上誠良 静岡県率大学大学院 薬学研究院 薬食研究推進センター NPO法人くすり・たべもの・からだの協議会 静岡県立大学薬学部 薬物動態学分野

2.田中消化器科クリニック No.005 セントジョーンズワートと医薬品との相互作用

3.食品・サプリメントと医薬品との相互作用 内 田 信 也, 山 田 静 雄

4. NR・サプリメントアドバイザー 必携 一般社団法人 日本臨床栄養協会編 第一出版

スクラブ剤が魚も人間も危険にさらす?!マイクロビーズの恐怖

body scrub in packaging with cotton on white background

古くなった角質や毛穴の汚れを取り除いてくれるとして、

普段私たちが使っているスクラブ洗顔料や歯磨き粉などに

入っているマイクロビーズ。

 

これが環境汚染、海洋汚染、魚介類に影響を与え、

人間に危険を及ぼすおそれがあるとして、現在世界中で注目されています。

 

【マイクロビーズとは】

microbeads-5-gyres

5Gyres 

 

スクラブがすべてマイクロビーズであるわけではなく、

塩や砂糖など天然のスクラブもあります。

 

マイクロビーズとは、直径が0.5ミリ以下のプラスチック粒子のこと。

ポリエチレンや、ポリプロピレン、ポリスチレンなど石油化学製品で作られています。

 

マイクロビーズは粒子がとても小さく、

下水処理施設のフィルターを通過してしまうため、

バスルームや洗面所から川や海に、毎年何百万トンも流れ込んでいます。

 

【マイクロビーズの危険性】

Dead fish on cement edge, environment concept

マイクロビーズには殺虫剤などの化学物質を吸収しやすく、

それを餌と間違えて食べた魚が体内に有害物質を蓄積。

 

さらに食物連鎖により、汚染された魚を人間が食べることで

人体にも影響を及ぼす可能性が。

 

また、厚生労働省の通知にもあるように、

マイクロビーズは目に入ると眼球を傷付ける恐れもあります。

 

 

【アメリカでは全面禁止に】

education, school and anti-bullying concept - student girl showing no entry sign

2014年頃から、アメリカのニューヨーク州・カリフォルニア州などが

マイクロビーズを使った製品の販売を禁じる法案の提出を発表。

 

2015年の終わりごろには、オバマ大統領が

「マイクロビーズ除去海域法」に署名、法律が成立。

 

これにより、アメリカでは2017年7月から、マイクロビーズが製造禁止、

2018年6月には販売が全面禁止になります。

 

日本では、問題を認識しながらも特に対策は行われていません。

 

【手作りスクラブで自分にも環境にも優しく】

Woman in yellow towel applying moisturizer at bathroom. Visible legs.

自分たちのこと、地球のことを考えるのであれば

マイクロビーズを使用した製品はなるべく避けたい。

 

しかし、スクラブはやめたくないという方。

 

スクラブは、自宅でも簡単に作ることができます。

砂糖・塩やオイル、精油などを使って

自分好みのものを作ってみては?

 

The Style Files

tumblr_mjp1pepW3W1s45lx5o1_500

 

 

●やまでら くみこ のレシピ

シュガースクラブを手作りする方法。シンプルなものから変わったレシピまで、7種類をご紹介。

12038672695_6150f9616d_k_edited-1-560x365

 

 

【参考文献】

1.日本経済新聞 洗顔料のプラスチック粒子、米で規制へ 湖沼汚染を懸念

2.YAHOO!JAPAN ニュース 世界が販売禁止に乗り出す、“つぶつぶ入り洗顔料”の何が危険なのか

3. 5Gyres 

ダイエット食品は本当に安全? 疑問視される人工甘味料

Concept of fizzy cola drinks with unhealthy sugar content.

近年の健康ブームにより、

カロリーオフ・糖質ゼロなどのダイエット食品が

たくさん開発されています。

 

ただダイエットのために選んでいる方、

なぜカロリーが低くできるのか、理解して買っていますか?

 

【砂糖代わりの人工化合物】

sugar on a table,sugar crystal on the wooden board

人工甘味料には、アセスルファムカリウムや、

アスパルテーム、サッカリンなどがあります。

 

アメリカ・イギリスをはじめとした世界各国でも、

幅広く使用されています。

 

これらはヒトの体内では消化吸収されず、エネルギーになりません。

 

血糖値のコントロールがうまくいかない糖尿病患者や

肥満の方には、対策として人工甘味料は有効であるとされ、

砂糖の代替品として利用されています。

 

最近では清涼飲料水に多く利用され、ダイエット食品として

人気が高まっています。

 

また、虫歯の原因となるスクロースが含まれないため、

虫歯予防にもメリットがあるとされています。

 

【人工甘味料でさらに甘いものが食べたくなる】

So tasty. Young attractive blond-haired girl tasting cupcake on isolated white background

人工甘味料は、砂糖の200倍、300倍の甘さをもつものや

最大で2500倍のものも。

 

単純計算では、砂糖の200倍の甘さをもつアセスルファムの場合、

砂糖で200g使用するところを、1gで済むということになります。

 

確かに低カロリーで甘いものが我慢できない人には

嬉しいものでしょう。

 

しかし、低カロリーだからといって人工甘味料を多く摂ると、

甘味に対する感度が鈍くなっていき、

もっと甘いものを欲するようになっていきます。

 

結果的に、人工甘味料を使っていない甘いものも

多く食べてしまい、肥満に繋がる可能性も。

 

【安全性は??】

Close-up portrait of cute little girl looking through a magnifying glass - isolated on white.

現在使用されている人工甘味料は指定添加物であり、

厚生労働大臣が、基準値の範囲以内であれば

使用して良いと認めた食品添加物です。

 

日本人の人工甘味料の摂取量は

健康に影響がないとされる最大量よりもかなり低い量であるため、

日常的に摂取しても問題はないとしています。

 

しかし、その安全性については研究段階であり、

各所でその安全性や健康被害について問われています。

 

本来は、摂取しなくても問題ない食品。

 

日ごろの食生活を改め、自然の食品から

栄養を摂ることが一番であることに変わりはないのです。

 

 

【参考文献】

1.公益社団法人 日本栄養士会 エネルギー量と健康

2.厚生労働省 e-ヘルスネット 代用甘味料の利用法

厚生労働省 食品添加物

4.公益財団法人 日本食品化学研究振興財団厚生労働省行政情報 (別添) アセスルファムカリウムの指定について

5.東京都民の食事からの食品添加物一日摂取量調査(安息香酸,ソルビン酸,パラオキシ安息香酸エステル類,アスパルテーム,サッカリン及びアセスルファムカリウムについて)貞升 友紀,前 潔,藤原 卓士,鈴木 敬子,新藤 哲也,中里 光男

 

 

 

こんなものを食べているの? 知ると怖い添加物

 

Sweet easter christmas birthday cakes on the wooden table

美味しそうに、かわいく彩られたお菓子や食品。

同じものでも、色や見た目によって

私たちは買うものを選ぶことが多いでしょう。

 

イチゴ味のピンク色のお菓子や飲み物、

ピカピカとキレイなキャンディやチョコ。

 

私たちが口に入れているものが

何からできているかご存知ですか?

 

【赤・ピンク色の正体、コチニール色素】

Top view pink ice cream in waffle cone with utensil on blue rustic wooden background.

比較的、よく使用される赤色のコチニール色素。

食品に鮮やかな赤色やピンク色を持たせ、

口紅などの化粧品にも使われる

女性には身近な色素です。

 

しかし、この色素の材料となっているのは

サボテンに寄生しているカイガラムシ科の

エンジムシという昆虫。

潰すと真っ赤な液体が出ます。

コチニール

 

 

以前はリキュールの「カンパリ」に使用されていました。

現在でも清涼飲料水やお菓子、ハムなどの加工肉、かまぼこなど

幅広く使用されています。

 

これまでは、コチニール色素を含む食品や化粧品に関する

健康被害は報告されていませんでしたが、

近年、アナフィラキシーを引き起こす事例が報告され、

消費者庁では注意を呼び掛けています。

 

 

【ツヤのもと、シェラック】

sweet and color candy on a table

食べ物につやつやとした光沢を与える光沢剤。

 

この光沢も、実は虫から抽出しています。

同じカイガラムシ科のラックカイガラムシから分泌される

樹脂状の物質を精製して得られたもの。

セラックとも呼ばれます。

シェラック

 

お菓子や果物の表面に塗り、乾燥させることで光沢性のある

皮膜ができるそうです。

 

化粧品・医薬品を始め、

キャンディや栗、チョコレートなどに使用されています。

また、チューインガムベースとしても使用されることも。

 

FDA(アメリカ食品医薬品局)から認可を受けていることから、

比較的安全な添加物であると言えます。

 

 

【虫だけじゃない、怖い添加物】

Gummy bear invasion. Harmful/ junk food concept

今回は虫由来のものですが、あくまで天然由来の着色料。

もっと怖いのは、人間が人工的に作り出した化合物たち。

 

最近では安全性について指摘され、昔よりは規制も厳しくなりましたが、

長い食歴のないものの安全性については確立されていません。

 

食品添加物は原材料名に必ず記載してありますので、

気になる方は自分で確かめてから選びましょう。

 

 

【参考文献】

1.食品衛生の窓 東京都福祉保健局 用途別 主な食品添加物

2.コチニール色素に関する注意喚起 消費者庁

3.要注意食品添加物リスト12

4.興洋化学株式会社 天然樹脂部門

 

 

1年に一度のクリスマスケーキ♪ “食べるプラスチック”、乗ってない?

 

strawberry cake with mint twig

毎年楽しみなクリスマスケーキ。

生クリームたっぷりのショートケーキは

クリスマスをより豪華に彩ってくれます。

 

でもその生クリームが

「食べるプラスチック」と呼ばれていること

ご存知ですか?

 

 

【“食べるプラスチック”トランス脂肪酸】

Slices of sandwich bread and butter

「トランス脂肪酸」という言葉を

聞いた事がある方は多いと思います。

 

牛肉の脂身など自然界にも存在しますが、ごくわずか。

 

自然にあるものなら、問題ないのでは…?

問題なのは、それが人工的に作られていること。

加工やコストの都合により、

植物油脂に水素添加されることで生成されます。

 

同じ量の牛肉と比較すると、

ショートニングには多いもので約30倍。

 

トランス脂肪酸は、悪玉コレステロールを増やし、

善玉コレステロールを減らしてしまいます。

 

結果、動脈硬化や冠動脈性心疾患などのリスクを高める

確実な証拠があると言われています。

 

 

【日本では野放しに】

Heart attack. Unhealthy food concept. Macro photo

WHO(世界保健機関)では、

トランス脂肪酸の摂取量の目安を

1日の摂取エネルギーの1%以下にすべきとしています。

 

これは1日の摂取エネルギーを1900kcalとすると

約2gに値します。

 

アメリカでは、2018年よりトランス脂肪酸の添加を

禁止とするという規制を発表しました。

 

しかし、日本では平均的な摂取量も少なく、

食生活指針の基本を守りバランスよく食べていれば

リスクが高まる可能性は低いとし、規制や表示義務はないのです。

 

【こんな食品にもトランス脂肪酸!】

pixta_1879414_M

代表的なものといえば、マーガリン、ショートニング。

 

しかし、農林水産省の調査データによれば、

植物性生クリームや味付けポップコーン、

コーヒークリームなどにも多く含まれることが分かっています。

 

ファーストフード店の揚げ物や

ドーナツにも多く含まれることがわかり、

日本でもトランス脂肪酸を減らす動きをしている企業が

多くみられるようになったのです。

 

【選び方に気を付ければ美味しく食べられる♪】

Shortcrust pastry with whipped cream. Sweet food, dessert.

自分で気を付ければトランス脂肪酸の表示がなくても

避けることができます。

 

コンビ二やスーパーで売られているケーキなどは

原材料表示をみれば、植物性クリームかどうかわかります。

 

なるべく生クリームの使われていないケーキか、

値段は高くなりますが、純生クリームのような

動物性生クリームを選びましょう。

 

ファーストフード店の揚げ物にも注意。

 

 

体に優しく、美味しく、楽しいクリスマスを。

 

Christmas homemade gingerbread cookies on wooden table

 

 

 

 

参考文献

1) 農林水産省

食品に含まれる総脂肪酸とトランス脂肪酸の含有量

http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_kihon/content.html

2) 農林水産省 すぐにわかるトランス脂肪酸

http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_wakaru/

 

カフェインは危険なもの? 致死量ってどれぐらい?

top view of coffee bean on aged wooden background

 

中毒・過剰摂取により、死亡した事故や

その安全性が問われているカフェイン。

 

ノンカフェインの商品も出ているくらいだから、

やっぱりカフェインって身体に悪いの?

 

【カフェインとは】

Fresh roasted coffee beans and stack of brown chocolate

カフェインとは、コーヒーから発見された成分で、

鎮痛薬や医療にも用いられることがあります。

交感神経系を刺激し、

興奮作用・覚醒作用・胃酸分泌作用などを持ちます。

 

身近な食品ではコーヒー・緑茶・紅茶・チョコレート

エナジードリンク・ココアなどに含まれています。

 

【食品中のカフェイン含有量( 1杯150ml当たり)】

※文部科学省による「日本食品標準成分表」を基に算出

 

ドリップコーヒー:90mg

玉露:240mg

紅茶:45mg

ウーロン茶:30mg

 

エナジードリンクでは種類によって、

1缶あたり80mg~200mg以上

含まれているものもあります。

 

【メリット】

Beautiful girl dreaming with cup of coffee or tea near window

・覚醒作用による計算力・記憶力の向上

・利尿効果

・脂肪燃焼を促すダイエット効果

・ポリフェノールによる抗酸化作用

 

また、生コーヒーに多く含まれるという

ポリフェノールのクロロゲン酸に

ダイエット効果があるとして

様々な健康食品で取り扱われています。

 

【デメリット】

cup with coffee beans on fabric texture background

・興奮作用による不眠

・自立神経の乱れ

・薬との相互作用

・依存性・中毒

・空腹時摂取による胃痛

 

日常的に大量に摂取している人では

身体的・精神的依存症となり

摂取しないと頭痛や疲労感・短気になるなどの

副作用が起こる場合があります。

 

【摂取量は?致死量は?】

Portrait of stressed young housewife in modern kitchen

頭痛薬等の医薬品としては

1日摂取量は100~300mg程度。

 

成人致死量は

3~10g程度と言われています。

 

日本では特に設定されていませんが、海外では

摂取目安量を設定している国があります。

 

・WHO(世界保健機関):

妊婦はコーヒーを3~4杯までにすべき

 

・英国食品基準庁:

妊婦はカフェインを一日200mgまでに制限するよう助言

 

・カナダ保健省:

健康成人で一日400mg以内であれば健康への影響なし

4歳~6歳の子供は 45 mg、

7歳~9歳の子供は62.5 mg、

10歳~12歳の子供は85 mg、

妊婦・授乳婦・妊娠予定の女性は一日最大 300 mgまで

 

・オーストラリア保健・食品安全局:

妊婦・授乳婦は一日300㎎を超えないよう勧告

 

・韓国食品医薬品安全庁(KFDA)

一日最大摂取量として、

子供は体重 1 kg当たり 2.5 mg以下、

大人は 400 mg、妊婦は 300 mg

 

【まとめ】

 

カフェインそのものを危険と捉えてしまう人も

いるようですが、どの食品も付き合い方が大事。

 

摂取量によって善にも悪にも転じます。

 

ノンカフェインの食品は

カフェインを気にする人や、

体質が合わない人・妊婦さんなどの

カフェインを避けた方が良い人のために

開発されています。

 

カフェインはそれ自体が悪いものではありません。

適度な摂取でうまく付き合っていきましょう。

 

コーヒー (3)

 

 

【参考文献】

1.全日本コーヒー協会

http://coffee.ajca.or.jp/webmagazine/library/caffeine

 

2.文部科学省 第2章 五訂増補日本食品標準成分表(本表)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu3/toushin/05031802/002/016.pdf

 

3.東京都福祉保健局 東京都食品安全FAQ

http://food-faq.jp.net/modules/faq/?action=Detail&faqid=50