死んでいる方が腸に効く?!殺菌乳酸菌とは

Pocket

Beautiful female body isolated on white. Sexy young woman in white panties

“生きたまま腸まで届く”

というフレーズを耳にしたことがある方も多いでしょう。

 

現在腸内環境を整える腸活ブームにより、

様々な乳酸菌・ビフィズス菌製品が出回っています。

 

でも、生きたまま腸まで届いた乳酸菌がその後どうなるのか

ご存知でしょうか?

 

 

【そもそも乳酸菌はどう働くの?】

pixta_18528319_M

ヒトの腸内には1000種類以上、約100兆個もの腸内細菌が存在。

 

乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌と呼ばれ、悪玉菌や日和見菌と

バランスを保ちながら腸内環境を保っています。

 

しかし食生活や生活習慣が乱れると、腸内環境は悪化。

ウェルシュ菌などの悪玉菌が増え、便秘や下痢になります。

 

そこで生きた乳酸菌を含む食べ物や飲み物を

体外から摂って増やしましょうということですが、

実は、生きた乳酸菌が腸内で増えると言った論文は

まだ1つもないのです。

 

【乳酸菌は腸でも殺される】

portrait of a beautiful young happy girl outdoors at the day time

一般的には、乳酸菌は胃酸で殺されるため、

腸まで届けば生きられると思われています。

 

しかし、腸にも乳酸菌を殺す物質は多数存在。

 

仮に生きながらえたとしても、増殖するためのエサを

もともと存在する腸内細菌と奪い合わなければいけません。

 

外から摂った乳酸菌がカラダに棲みついて増えるのは

とっても難しいことなのです。

 

【死んだ乳酸菌がビフィズス菌を増やす】

Closeup on young woman giving spoon with yogurt

白血球の一種・マクロファージは腸から取り込まれた菌を食べ、

サイトカインという物質を出します。

これにより免疫機能が稼働。菌の感染やがんの抑制に繋がります。

 

結果、生きて入っても結局は死んだ菌となり、増殖もしないのです。

 

死菌は小さくなっており腸管に取り込まれやすく、

濃縮されているため、一度に大量に摂取することができます。

 

また、オリゴ糖と同じような作用があり、

ビフィズス菌のエサとなってビフィズス菌を増やしてくれます。

 

【乳酸菌は生死よりも小ささが大事】

Mother Feeding The Son Outdoors

「生きた乳酸菌が良い」という考えが一般的でしたが、

研究によりその概念は覆されつつあります。

 

バイオジェニックス連絡協議会 議員の菅さんは

「乳酸菌が生きている必要はない」と言い切っています。

 

殺菌乳酸菌はサプリメント等で摂ることができます。

 

乳酸菌を摂っているけれどあまり効果がない

という方は、一度殺菌乳酸菌を試してみては?

 

【殺菌乳酸菌商品】

DHC 乳酸菌EC-12 30日分

32262_L

 1,191円(税込1,286円)

 

久光製薬 乳酸菌EC-12

b_hisamitsu_01

初回限定お試し価格 1,810円(税込1,955円)

通常価格 2ヵ月分 6,000円(税込6,480円)

 

ニチニチ製薬 プロテサンシリーズ

protesun_r_45

プロテサンB 乳酸菌3,000億個 45包入り 4,500円(税込4,860円) 

プロテサンR 乳酸菌1兆個   45包入り 10,350円(税込11,178円)

プロテサンG 乳酸菌2兆個   45包入り 18,000円(税込19,440円)

プロテサンS 乳酸菌4兆個   45包入り 33,750円(税込36,450円)

 

 

【参考文献】

1.乳酸菌は生菌である必要があるのか バイオジェニックス連絡協議会 議員 菅   辰彦

2.長寿免疫とナノ型乳酸菌 バイオジェニックス連絡協議会 議長 長谷川 秀夫

3.【殺菌乳酸菌(死菌)】じわじわ需要高まる 乳酸菌市場のトレンドになるか 業界ニュース | 健康博覧会

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*