歯を大切にしないと肥満に! ホントは怖い歯の病気

Pocket

虫歯

 

あなたは歯を大切にしていますか?

定期健診、オーラルケア、怠っていませんか?

 

歯周病が、肥満に結びつく可能性が指摘されています。

 

【日本人の7割が歯周病に】

歯磨き (3)

 

歯周病とは、歯周病菌により、歯茎や骨が壊されていく病気。

虫歯は、歯そのものが壊される病気です。

 

歯と歯の間がしっかり磨けていないと、

歯垢、プラークと呼ばれる細菌の塊が繁殖し、

この細菌が出す毒素により炎症を起こします。

 

進行すると歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。

 

喫煙や口の中の清掃不良、ストレスや食生活など

生活習慣によって感染・悪化しやすくなります。

 

日本人に最も多い感染症は歯周病と言われており、

欧米に比べて歯周病感染率が高くなっています。

 

 

【欧米の歯に対する意識】

people, medicine, stomatology and health care concept - happy female dentist with mirror checking patient girl teeth up at dental clinic office

日本にも、歯を磨く習慣がちゃんとあるのに

どうして歯周病率が高いのでしょうか?

 

それは、日本人は歯医者に行く回数が

圧倒的に少ないのが原因のひとつ。

 

欧米では、3ヶ月に1回は歯科衛生士に

歯のクリーニングをしてもらっているそうです。

 

自分では手の届かないところも歯科衛生士に磨いてもらう、

予防歯科が積極的に行われています。

 

特にアメリカは、歯のホワイトニングの先進国でもあり

ホワイトニングをするのが常識となるほど

歯の健康や美しさに対する意識が高いのだとか。

 

 

【歯周病菌が脂肪の付きやすい体に…】

Woman hands make heart shape on belly

肥満と歯周病。一見、関係ないように思える組み合わせ。

 

2007年、フランスの研究者が出した論文で

歯周病が肥満を引き起こす可能性が報告されました。

 

歯周病菌は、リポ多糖という毒素を出します。

このリポ多糖が炎症を起こした歯肉の間から

血液に流れ込み、肝臓や脂肪組織に脂肪を付きやすくするのです。

 

肥満に限らず、歯周病は全身の病気に関連しています。

 

肝臓に脂肪が付くことで、高脂血症、メタボに。

歯周病と糖尿病は互いに悪化させ合うことも明らかに。

動脈硬化を進行させ、心疾患の原因に。

また、歯周病の妊婦は、早期低体重児出産のリスクが約3倍に。

 

実は、命を脅かすかもしれない怖い病気なのです。

 

【歯を守るためにできること】

歯磨き (2)

歯周病を予防するために、自分でできることも

たくさんあります。

 

○良く噛む

抗菌作用のある唾液の分泌を促し、早食いも防止。

菌は同じ場所に居続けると、繁殖しやすくなります。

食べごたえのある、繊維質の多い野菜やするめなどが◎

 

○乳酸菌を摂る

乳酸菌食品を多く摂っている人では歯周病が少ないのだそう。

乳酸菌が悪玉菌を殺し、口の中を酸性に。

歯周病は酸に弱いのです。

ヨーグルトや乳酸菌飲料を積極的に取り入れましょう。

 

○免疫力を高める

喫煙やストレスも歯周病のリスク因子。

菌に対する抵抗力を下げてしまいます。

免疫を高めるビタミンCやタンパク質を摂り、

ストレスを解消できる運動や趣味を。

 

○歯磨き

正しい歯の磨き方を覚えましょう。

 

3ヶ月に1回は歯医者に行くこともお勧めします。

 

【歯のケアは幸せのためのケア】

happy family and health. mother and daughter baby girl brushing their teeth together

キレイな歯は、あなたを健康に、美しく、

笑顔をステキにしてくれます。

 

お子様のいる方は、歯をしっかり磨く習慣を

小さい頃から付けさせてあげたいですね。

 

 

【参考文献】

1. 日本歯科医師会

2.丹野歯科医院 なぜ日本人の歯は悪いのか

3.歯周病予防研究会

4.医療社団法人 榮内會 スマイルデンタルクリニックSDC所沢インプラントセンター

5.OMRON 歯周病が引き起こす全身病

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*