ダイエット中に選ぶなら…定食編

Pocket

 

ダイエット中でも栄養バランスはしっかり摂るのが鉄則。

 

でも何を食べたらバランスが良いのかわからない方には定食がおススメ。

主食の炭水化物、主菜のタンパク質・脂質、副菜のビタミン・ミネラル・食物繊維。

汁物や副副菜も付いてきて、満足感も抜群です。

 

しかし、同じ定食でもカロリー・糖質・脂質は様々でダイエット中は気になるところ。

ここでは、ダイエット中に選びたい定食・避けたい定食をご紹介します。

 

<選びたい定食◎>

・焼き魚定食、刺し身定食

魚は糖質・脂質が少なく、肉類に比べて低カロリー。

余分な味付けも行わないため、塩分も控えめにできます。

良質な脂質であるオメガ3系脂肪酸が摂れるのも魅力的。

ただし、刺し身に醤油のつけすぎは注意です。

西京焼き定食

 

・八宝菜定食

野菜や魚介類をたっぷり使った八宝菜は栄養満点。

塩分は少し高めですが、糖質・脂質共に少ないメニューです。

 

・レバニラ定食

肉料理の中でも比較的カロリーが低いため、ダイエット中におススメの料理。

レバーは鉄分が豊富ですので、女性にはぜひ摂ってほしい食品のひとつです。

 

・豚肉生姜焼き定食、肉野菜炒め定食

豚肉には糖質の燃焼に必要なビタミンB1が豊富に含まれます。

また、生姜に含まれるジンゲロールは加熱によりショウガオールに変化し、

血流を良くして身体を温めます。

肉野菜炒めではお肉も野菜もたっぷり頂くことができます。

ビタミンA,Eなどの脂溶性ビタミンは油と一緒に摂ることで吸収率UP。

定食OK

 

・和風ハンバーグ定食

ハンバーグを食べたい時、選ぶなら和風ハンバーグ。できれば、豆腐入り。

出汁、醤油、みりんなどで作られた和風ソースはデミグラスに比べとてもヘルシ―です。

また、生の大根おろしには辛味成分のイソチオアシネートが含まれ、抗酸化作用を持ちます。

アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼなどの消化酵素も豊富で消化を助け、便秘にも効果が。

和風ハンバーグ

 

<避けたい定食×>

・唐揚げ定食、天ぷら定食、とんかつ定食、フライ定食

揚げ物メインの定食はもちろんカロリーが一気に上がります。

特に衣の厚い場合は油をたっぷり吸収。

また、天ぷらではさつまいも、レンコン、かぼちゃなど糖質の多い野菜が使われます。

定食NG

 

・麻婆豆腐定食、酢豚定食

中華料理は基本的にカロリーが高め。炒めるときに油をたっぷり使います。

麻婆豆腐は豆腐料理ですが、ひき肉と油を使うため脂質が多くなります。

また、噛みごたえがなく、ついたくさん食べてしまいがち。

酢豚は野菜もたっぷり摂れますが、カロリーはかなり高め。

一度豚肉を揚げ、さらに片栗粉を加えるため糖質・脂質共に多くなってしまうのです。

酢豚

 

・デミグラスソースハンバーグ定食

ハンバーグはひき肉の塊ですので脂質は必然的に高くなります。

プラス、つなぎやデミグラスソースでカロリーはUP。

フライドポテトも定番で付いてくることも多いかと思います。

さらに目玉焼きやチーズをトッピングしたら…。

デミグラスソースのカロリーは100gで約100kcal。

選ぶなら和風ハンバーグにしたいところです。

ハンバーグ

 

・チキン南蛮定食

鶏肉を一度揚げてから甘酢ダレに漬けて作ります。

最後にマヨネーズたっぷりのタルタルソースを。

作り方だけでもカロリーの高さがわかりますね。

チキン南蛮

 

品目が多くバランスの良い定食でも、選択によっては高カロリーとなってしまいます。

ダイエット中はなるべく低カロリーで栄養価の高いものを自分で判断できると心強いですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*