温まるつもりが冷え症悪化!? 間違いやすい飲み物3つ

Pocket

ほっとする女の子

今季の冬は比較的暖かく、暖冬と呼ばれますが、

やっぱりツラいのが冷え症。

 

身体を温めようと、温かい飲み物を飲む人が多いでしょう。

しかし、その飲み物が逆に体を冷やし、

冷え症を悪化させているかもしれません。

 

 

【コーヒー】

cup of coffee

近くのカフェや、自動販売機でもすぐに買えるホットコーヒー。

寒い日には飲む人も多いでしょう。

 

しかし、カフェインは交感神経を刺激し、血管が収縮。

血液の巡りは悪くなり、結果として

体を冷やしてしまうことになります。

 

また、南国で採れる植物であるため、

体を冷やす作用があると言われています。

 

【緑茶】

緑茶

日本の伝統的な飲み物ですが、急須で飲まれることも

少なくなった緑茶。

 

薬膳では、食材を、体を温めるもの(温、熱)と

体を冷やすもの(寒、涼)で分ける考え方があります。

 

その中では、不発酵の緑茶を寒涼性、

発酵茶の紅茶、さらに発酵させたプーアール茶を温熱性として分類。

 

さらに、玉露などの濃い緑茶はカフェインが多いため、

体を冷やす作用が強いと言えます。

 

【ハーブティー】

Herbal tea with honey, wild berry and flowers on wooden background

ノンカフェインで体に優しく、様々な種類があるハーブティー。

 

それぞれ効果効能が異なり、

目的に合わせてブレンドされたものも多く販売されています。

 

ジャスミンやシナモン、ローズマリーなど、

体を温める作用があるものも多くありますが、

中には、ペパーミントやハイビスカスなどの

体を冷やす作用があるものも。

 

ハーブティーにもいろいろありますので

その時の用途に合わせて選ぶことが大事です。

 

 

【温かい飲み物=体を温めるではない】

Warm clothes and a cup of tea on autumn day

温かいものを飲めば、その一瞬は体が温まるかもしれませんが、

その食材自体は体を冷やす作用をもつ場合があります。

 

冬は、なるべく血液の流れを良くするものを選んで

芯から温まりましょう。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*