朝のダイエット習慣。代謝を上げる方法4つ

Pocket

happy young girl in a field and a beautiful woman, levitation, flying from happiness

ダイエットをしたくても、

毎日忙しくて運動する時間がない…

そんなあなたでも、朝の習慣で

脂肪を燃やしやすい体にすることができます♪

 

【朝のスタートをしっかり切る!】

pixta_9109731_M

朝は一日のうちでも体温が低く、代謝が下がっています。

体温が1度上がると基礎代謝は12%も上がります。

 

朝しっかり体を目覚めさせて体温を上げれば、

その分消費エネルギーも増えるということ。

 

痩せやすい体にするには、

朝がとっても大事なのです。

 

 

【朝食をしっかり食べる】

Healthy breakfast with fried egg, toasts and salad on white wooden table

一日のスタートは日の光を浴びることと

朝食を食べて内臓を動かすこと。

 

栄養素を摂ることで体温が上がり、

内臓が動いて代謝も上がるため、

身体が1日のスタートを切ることができます。

 

パンやごはんの糖質だけでなく、

熱を多く作るタンパク質も一緒に摂りましょう。

 

 

【温かい飲み物を飲む】

warm cup of hot coffee warming in the hands of a girl

朝食と併せて飲みたいのが温かい飲み物。

胃腸を温め、働きやすくしてくれます。

 

しかし、コーヒーや玉露など

カフェインの多く入った飲み物は逆効果。

 

血管を収縮させるため体が冷え、

胃にも負担をかけてしまいます。

 

理想的なのは、ショウガなど体を温める作用のある

食材が入ったスープ。

 

【肩甲骨を動かす】

pixta_14912839_M

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の

2種類があります。

 

そのうち褐色脂肪細胞は脂肪を燃やす作用。

筋肉の70~100倍の発熱能力があると言われます。

 

しかし、成人以降その働きは低下していき、

肥満の原因に。

 

肩甲骨付近に多く集まっており、

肩甲骨を動かして細胞を刺激すると

働きが活性化されます。

 

褐色脂肪細胞をボーボー燃やせ!すぐできる「肩甲骨ストレッチ」 by美レンジャー

 

【熱めのシャワーを浴びる】

Portrait of woman taking shower

時間がある時は軽くシャワーを。

身体だけでも構いません。

 

シャワーの水圧と少し熱めのお湯が

交感神経を刺激して代謝を上げてくれます。

 

浴びる時はぬるめから少しずつ温度を上げていく方が

自立神経もスムーズに整うそうです。

 

冷たいシャワーは目が覚めますが、

血管が急激に収縮するため、心臓の負担に。

 

あまり健康に良いとは言えないため

避けた方が良いでしょう。

 

 

【朝からゆとりのある美人に】

Beautiful young woman relaxing by swimming pool with breakfast on table

朝せわしなく準備して家を出るのは、

身体にも心にも酷なこと。

 

できるだけ早起きしてゆとりを持ち、

痩せやすい体にしてから一日をスタートさせましょう。

 

 

【参考文献】

ヤクルト 肥満に関係するだけじゃない⁉

第3回 肥満 シリーズ 脂肪細胞の正体 京都大学大学院農学研究科教授 河田照雄

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*