忙しくても大丈夫。冬太りを簡単に解消する方法

Pocket

woman controlling her measures using a tape, white background

ダイエットも食欲を抑えるのも忘れるくらい、

クリスマス・大晦日・お正月とイベント続きだった冬。

 

でも、忙しくてなかなかダイエットする機会がない!

と、逃げてきたあなたに、少し気を付けるだけで

ダイエットができる方法をご紹介します。

 

【朝昼はしっかり!夜だけ控えめに】

healt, dieting, home and happiness concept - smiling young woman with green salad at home

「食事制限」と一口で言ってもいろんな方法があります。

脂質を控える・糖質を控える・サラダだけにする…

 

極端な食事制限では脂肪を燃やすために必要な栄養素までも

不足してしまう可能性が。

 

お米に含まれるビタミンB1や、お肉に含まれるL-カルニチンだって

脂肪燃焼には欠かせない存在。

 

バランス良く食べないと疲れやすくなったり、

お肌も荒れてしまいます。

 

朝食・昼食に食べたものは、そのあと使うエネルギーとして

蓄積されにくく、脂質・糖質の摂りすぎに気を付ければ、

基本的にがっつり食べてもOK。

 

夜は寝るだけなので余分なエネルギーとして溜めやすく、

脂肪を貯め込むタンパク質“BMAL1”が増加。

 

ダイエット中は、朝昼しっかり・夜控えめの食事を!

 

 

【お腹が空いたら豆乳を】

pixta_5790534_M

どんなに意思が固くても、体は正直。

お腹がグ~ッとなってしまい、仕事も集中できず、恥ずかしいですよね。

 

甘いお菓子で空腹を紛らわせても、大量の砂糖が

血糖値を一気に上げ、脂肪を貯め込むインスリンが大量分泌。

血糖値はすぐに下がり、また空腹の繰り返しに。

 

そんな時は豆乳をおやつ代わりに。

豆乳に含まれる大豆たんぱく質には、食欲を高める“グレリン”

というホルモンの分泌を抑える働きがあると言われています。

 

また、大豆イソフラボンは女性ホルモンのバランスを整え、

女性のさまざまな悩みも改善してくれます。

 

そのままが苦手という方は、相乗効果のあるきな粉や

黒ゴマなどを入れて飲みやすくすると◎

 

冷え性対策にも♡美人豆乳ドリンク

24da87d5a782c63619e0c7e1497c31c2

 

 

【睡眠が食欲コントロールのカギ】

 

photo of cute little sleeping boy at fur

睡眠時間の少ない人ほど食欲を高めるグレリンが多く、

食欲を抑える働きのあるレプチンが少ないという調査結果があります。

 

忙しくて睡眠時間が取れていない人、夜更かししてしまう人は

過食を起こしやすく、太りやすいということ。

 

また、電気をつけっぱなしで寝てしまったり、

パジャマに着替えずに固い服で寝てしまうと、

質の良い睡眠をとれなくなってしまいます。

 

仕事などで遅くなってしまうこともあるかもしれませんが、

取れるときにはしっかり睡眠時間を確保しましょう。

 

 

【時間も道具もスペースも必要なし!お家で簡単トレー二ング】

beautiful sporty woman doing exercise on the floor

ダイエットには運動も必要と分かっているけど、

時間もないし走るのも続かない…

 

しかし、道具もなにもいらずに自分でできるトレーニングがあります。

 

それは、スポーツ選手などが実践している体幹トレーニング。

 

小さいお子様がいても、狭い部屋でも、手軽にしっかり鍛えることができます。

 

体幹トレーニングは地味に見えて実はとっても効くんです。

 

普段あまり運動しない人でも、姿勢が良くなり、

肩こり・腰痛の改善にも効果的です。

 

“筋トレ”というとがっつりした感じがしてなんとなく避けがち。

 

体幹トレーニングで筋肉を増やし、基礎代謝を上げれば

痩せやすい体になります。

 

動画:《女子力アップ》体幹トレーニングでスマートボディを手に☆

 

【春までに華奢な体に】

Happy young girl sitting on the grass in park on a spring day

春になると冬隠れていた二の腕や体のラインが

目立つファッションになってきます。

 

直前になって後悔しないように、

今から痩せる習慣を身につけておきましょう。

 

 

 

 

【参考文献】

体幹トレーニングのメリット|特集|eo健康

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*