ダイエット食品は本当に安全? 疑問視される人工甘味料

Pocket

Concept of fizzy cola drinks with unhealthy sugar content.

近年の健康ブームにより、

カロリーオフ・糖質ゼロなどのダイエット食品が

たくさん開発されています。

 

ただダイエットのために選んでいる方、

なぜカロリーが低くできるのか、理解して買っていますか?

 

【砂糖代わりの人工化合物】

sugar on a table,sugar crystal on the wooden board

人工甘味料には、アセスルファムカリウムや、

アスパルテーム、サッカリンなどがあります。

 

アメリカ・イギリスをはじめとした世界各国でも、

幅広く使用されています。

 

これらはヒトの体内では消化吸収されず、エネルギーになりません。

 

血糖値のコントロールがうまくいかない糖尿病患者や

肥満の方には、対策として人工甘味料は有効であるとされ、

砂糖の代替品として利用されています。

 

最近では清涼飲料水に多く利用され、ダイエット食品として

人気が高まっています。

 

また、虫歯の原因となるスクロースが含まれないため、

虫歯予防にもメリットがあるとされています。

 

【人工甘味料でさらに甘いものが食べたくなる】

So tasty. Young attractive blond-haired girl tasting cupcake on isolated white background

人工甘味料は、砂糖の200倍、300倍の甘さをもつものや

最大で2500倍のものも。

 

単純計算では、砂糖の200倍の甘さをもつアセスルファムの場合、

砂糖で200g使用するところを、1gで済むということになります。

 

確かに低カロリーで甘いものが我慢できない人には

嬉しいものでしょう。

 

しかし、低カロリーだからといって人工甘味料を多く摂ると、

甘味に対する感度が鈍くなっていき、

もっと甘いものを欲するようになっていきます。

 

結果的に、人工甘味料を使っていない甘いものも

多く食べてしまい、肥満に繋がる可能性も。

 

【安全性は??】

Close-up portrait of cute little girl looking through a magnifying glass - isolated on white.

現在使用されている人工甘味料は指定添加物であり、

厚生労働大臣が、基準値の範囲以内であれば

使用して良いと認めた食品添加物です。

 

日本人の人工甘味料の摂取量は

健康に影響がないとされる最大量よりもかなり低い量であるため、

日常的に摂取しても問題はないとしています。

 

しかし、その安全性については研究段階であり、

各所でその安全性や健康被害について問われています。

 

本来は、摂取しなくても問題ない食品。

 

日ごろの食生活を改め、自然の食品から

栄養を摂ることが一番であることに変わりはないのです。

 

 

【参考文献】

1.公益社団法人 日本栄養士会 エネルギー量と健康

2.厚生労働省 e-ヘルスネット 代用甘味料の利用法

厚生労働省 食品添加物

4.公益財団法人 日本食品化学研究振興財団厚生労働省行政情報 (別添) アセスルファムカリウムの指定について

5.東京都民の食事からの食品添加物一日摂取量調査(安息香酸,ソルビン酸,パラオキシ安息香酸エステル類,アスパルテーム,サッカリン及びアセスルファムカリウムについて)貞升 友紀,前 潔,藤原 卓士,鈴木 敬子,新藤 哲也,中里 光男

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*