ダイエット中に選ぶなら…スープ編

Pocket

 

夕飯食べたのに、お腹空いちゃったな…

ダイエット中、小腹が空いた時に強い味方となるスープ。

 

体が温まり、お腹も満たされるスープですが、

選び方を間違えるとごはん1杯分のカロリーを摂ってしまうことも。

 

ここではダイエット中に選びたいスープ・避けたいスープをご紹介します。

 

<選びたいスープ◎>

・野菜スープ

野菜スープ

野菜たっぷりで栄養満点。

野菜はコトコトとじっくり煮込み、旨みを十分に出してから薄い味付けをすると塩分も少なめで◎

できればじゃがいもなどの芋類、根菜類は入れない方が糖質OFFで、よりヘルシーです。

 

 

・卵スープ

卵スープ

ふわふわの卵が美味しい卵スープは、たんぱく質も摂れて、低カロリー。

卵は鉄分や必須アミノ酸をバランス良く含んでおり、とても栄養価の高い食品です。

 

 

・味噌汁

味噌汁

発酵食品である味噌を摂ることができ、種類も豊富。

いろいろな具材に変えてみれば、飽きずに毎日楽しめますよね。

しかし、市販のカップスープでは塩分濃度が高いため、自炊したものがおススメです。

 

・わかめスープ

わかめスープ

ミネラルが豊富な海藻が入ったわかめスープは、美肌や腸内環境改善にも◎

セサミンやカルシウム、ビタミンB、ミネラルたっぷりの白ゴマを入れてさらに栄養価UP。

 

 

<避けたいスープ×>

・ポタージュスープ

コーンスープ

コーンをはじめ、かぼちゃ、ジャガイモ、カブなど種類が豊富。

甘くて濃厚な分もちろんカロリーは高めです。

 

 

・クラムチャウダー

クリームシチュー

あさりや野菜が入って栄養価の高いクラムチャウダー。

牛乳とバターを使っているため高カロリーです。

 

・ワンタンスープ

ワンタンが入ることでスープとしてはかなりのボリューム。

ワンタンの皮と具のひき肉で糖質・脂質が高く、塩分も多めです。

 

 

低カロリーなスープであっても、飲みすぎると塩分の摂り過ぎになってしまいます。

塩分はむくみや高血圧、生活習慣病の原因となります。

カロリーだけではなく、塩分にも気を付けてみましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*