ダイエット中に選ぶなら…おつまみ編

Pocket

 

ダイエットしていても、せっかくのお酒の席は楽しみたいですよね。

Diverse People Toast Wine Party Concept

しかし、ビールや日本酒を飲みながら、揚げ物や炭水化物を食べたら、

今までのダイエットも台無しに。

 

ここでは、ダイエット中に選びたいおつまみ、避けたいおつまみをご紹介します。

 

 

<選びたいおつまみ◎>

・枝豆

pixta_12414431_M

大定番の枝豆は、カロリーが低く、低糖質です。

食物繊維、β-カロチン、女性に嬉しい葉酸や鉄も豊富で、栄養満点。

また、アルコールの分解を促す「メチオニン」が含まれるため、おつまみにはぴったりです。

しかし、実は他の野菜に比べて脂質が多め。食べ過ぎはNGです。

 

・焼き鳥(塩)

pixta_13494925_M

ダイエット中は、なんといっても焼き鳥が味方。

もちろん、タレは糖質が多いので塩を選ぶことがマスト。

低脂質で低カロリーな砂肝・レバー・軟骨などは一本当たり30kcalほど。

野菜の串焼きもたくさん食べれば栄養バランス◎

 

・刺し身

刺身

低カロリーでさっぱりと食べれるお刺身。

血液をサラサラにするEPAやDHAといったオメガ3系脂肪酸が豊富です。

普段お魚料理を食べない方もお酒と一緒のお刺身なら食べやすいのでは?

 

・だし巻き卵

pixta_13115749_M

だし巻き卵は、高たんぱくで栄養価も高く、低カロリーです。

卵1個分で70kcalほど。

生の大根おろしと一緒に食べると、アミラーゼが糖質の分解を助け、

イソチアシオネートという抗酸化作用のある酵素が働き、代謝を活性化。

便秘の解消効果も期待できます。

 

・ピクルス

Preserved vegetables

野菜をまるごと食べるピクルスは、栄養価が高く、低カロリー、低糖質のおつまみです。

パプリカなど、緑黄色野菜のピクルスはβ⁻カロチンが豊富。

余分なドレッシングやトッピングなしで野菜を摂れます。

 

・ローストビーフ

pixta_6762237_M

ローストビーフは、牛肉の中でも脂肪分の少ない部位を使用するので低カロリー。

タンパク質も多く、噛みごたえもあるため満足感が得られます。

1枚13gほどのもので約25kcalです。

 

<避けたいおつまみ×>

・コーンバター

pixta_10782370_M

甘いコーンとバターの匂いが食欲をそそり、ぺろりと食べれてしまう一品。

糖質の多いコーンと、バター。

ファミレスの一人前で250kcalくらいです。

 

ピザ

Italian pizza with cheese, tomatoes, olives, basil and red wine on wooden table

もはやおつまみの域を超えますが、ワインなどに合うピザ。

炭水化物の小麦粉生地に、脂質のチーズ、サラミなどをたっぷり。

1ピースは約130~200kcal。

 

春巻

pixta_14801657_M

様々な具材を小麦粉の皮で巻き、油で揚げた春巻き。

カロリーは1本120kcal~150kcalほど。

食べやすいからと何本も食べないように注意です。

春巻きなら、生春巻きを選ぶ方が◎。

 

餃子

pixta_15816468_M

ニンニクとニラで食欲をそそられ、

一口サイズでついついたくさん食べてしまいがち。

こちらも小麦粉の皮でひき肉を包んで焼いたものですので、高糖質・高脂質。

1つあたりは約40kcalです。

 

 

普段あなたが選んでいたおつまみはどうだったでしょうか?

 

アルコールは、食欲を増進する作用があります。

また、アルコールの代謝にはビタミンを消費するため、

ビタミン補給のできるおつまみが好ましいです。

楽しみながら上手に選び、食べ過ぎに注意しましょう。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*