ぽっこりお腹にも美肌にも!甘酒の美容成分5つ

Pocket

 

テレビ番組で紹介されてから注目を集める甘酒。

栄養価は「飲む点滴」と言われるほど高いと言われています。

健康面だけに留まらず、美容効果も絶大です。

pixta_3928915_M

 

1. 健康には欠かせない発酵食品

 

清酒を製造する際に副産物として出来上がるのが、甘酒のもととなる酒粕。

米を酵母と麹で発酵した、発酵食品の一つでもあります。

酒粕には様々な酵素が含まれ、食べ物の消化や体内の代謝を助けてくれます。

なにかと話題な酵素は、甘酒を飲むことでも取り入れることができますよ。

 

 

2. 真っ白な肌に…コウジ酸

肌2

麹で発酵しているため、美白作用のあるコウジ酸が豊富。

飲むことでもお肌に良いとされていますが、もっと実感したい方は直接肌に塗っても◎。

ただ、匂いやべたつきが気になる方も多いかもしれません。

そんな方には、酒粕の成分を用いたパックや基礎化粧品も販売されています。

 

 

3. 発酵で増えるビタミン

発酵の過程で、ビタミンB群を始めとした、様々な栄養素が増えると言われています。

ビタミンB群は美肌に良く、様々な代謝の補酵素として使われ、ダイエットにも必要な栄養素です。

また、ビオチンやパントテン酸、ナイアシン、女性に嬉しい葉酸も豊富に含まれています。

 

 

4. ぽっこりお腹に欠かせない食物繊維

お腹

食物繊維が豊富であるのも甘酒の魅力。

酒粕自体には、100gあたり5.2gもの不溶性食物繊維が含まれます。

甘酒ではコップ1杯100mlほどで0.4gになりますが、

他の飲み物を飲むよりは確実に食物繊維を摂取することができます。

不溶性食物繊維は便の量を増やし、腸の蠕動運動を促す働きがあります。

水溶性食物繊維を含む食品とバランス良く摂ると、より良い便通改善効果が期待できます。

 

 

5. 甘酒の美容効果の決め手 レジスタントプロテイン

必須アミノ酸をすべて含むほど栄養満点であることも、甘酒が飲む点滴と言われる由来。

酒粕甘酒の2.5%がタンパク質で、そのうち12%が遊離アミノ酸であることが確認されています。

通常、タンパク質は胃で分解されて小腸から吸収されますが、

遊離アミノ酸は血液を流れ、すぐに体内に吸収されます。

その一部が肌細胞にも供給され、美肌にも効果があるとされているのです。

pixta_2066516_M

さらに酒粕の注目すべき成分は、レジスタントプロテインと言われるタンパク質。

この消化されにくいタンパク質が、健康維持に繋がるということが研究により明らかになりました。

レジスタントプロテインに期待される効果

・悪玉コレステロールの抑制

・善玉コレステロールの増加

・腸内環境改善

・肥満抑制

・美肌

コレステロールを下げることは、動脈硬化などの生活習慣病予防になります。

また、糞便中の有機酸を増やし、悪玉菌を抑制することにより腸内環境が良くなり

、便通の改善も期待できます。

酒粕甘酒300mlを3週間飲み続けた試験では、

試験後、皮膚の水分量、油分量が増え、肌のキメも整うという結果に。

腸内環境を整え、効率よく遊離アミノ酸を吸収することで

このような美肌効果が得られると考えられています。

pixta_4036786_M

 

最近では、酒粕をさらに発酵させ、レジスタントプロテインや食物繊維を増やし栄養価を高めた

「酒粕発酵物」も開発されています。

酒粕発酵物は強い油脂吸着効果があるため、油っこいものが好きな方におススメです。

サプリメントなどの健康食品として、手軽に摂取できます。

しかし、味を楽しみ、空腹感を抑え、体を温めるために、甘酒として飲むのも良いでしょう。

おなかが空いたら、ぜひ低カロリーで美容に良い甘酒を間食替わりにしてみては?

 

 

 

参考文献

1)健康と美容に貢献する「酒粕」の成分

日本醸造協会誌 ISSN 09147314

著者 渡辺, 敏郎 巻/号 107巻5号 p. 282-291  2012年5月

農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波事務所

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*